エデンの園から学ぶ「境界線」

カイロプラクティックはーみてーじ

080-6094-6476

〒062-0042 北海道札幌市豊平区福住二条3丁目6-1

営業時間 / 10:00~20:00
定休日 / 日曜日(不定休有)

ブログ

2017/06/22 エデンの園から学ぶ「境界線」

聖書にある

エデンの園の話。

 

アダムとエバが

食べてはいけない

と神に言われていた

 

善悪を知る木の実を

食べてしまい

 

エデンの園を

追い出された

 

という話です。

 

 

 

神は

アダムとエバに

事実関係を

明らかにするために

対話をします。

 

結果

エデンの園から

2人を追い出すのですが

 

皮衣を着せて

出します。

 

 

神は

人間に

自由意志を

与えて下さっています。

 

神の期待に

反する選択をする自由も

与えられているということです。

 

どのような選択をするかは

人間に委ねられています。

 

 

 

エデンの園で

アダムとエバは

神に反する選択を

したのです。

 

 

自分たちの

選択による

 

行動の結果を

 

自分たちで

引き受けさせ

 

 

もう一つの木

 

「命の木」の実を

食べられたくなかったから

 

アダムとエバ

自分の間に

 

境界線を引いた。

 

 

神は

「善悪を知る木」

「命の木」

 

アダムとエバに

隠しておくことも

できたはずですが

 

「食べてはいけない」

ということ

 

さらには

「食べると必ず死んでしまう」

 

その理由もきちんと

伝えています。

 

神は隠さずに

自分がどうしてほしいかを

アダムとエバに

 

きちんと

言葉で伝えています。

 

善悪を知る木の実を

食べた行為は

神の引いた境界線を

超えてしまったのです。

 

 

境界線を引くことは

罰というより

 

適切な距離を保ち

健全な関係を保つため

のものです。

 

人間のために

神と人間のために

 

神は

境界線を引いた

 

 

そんなふうに

思えてなりません。

 

 

 

 

=========
カイロプラクティックはーみてーじ
TEL:080-6094-6476
住所 / 北海道札幌市豊平区福住二条3丁目6-1
営業時間 / 10:00~20:00
定休日 / 日曜日(不定休)

TOP